肩こりをテニスボールで解消するやり方はここ! ※みんなの家庭の医学

肩こり解消

毎日のデスクワーク、体質、生活習慣などで肩こりにお悩みの方に、ABC朝日放送『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』で紹介されたテニスボールを使った肩こり解消のやり方をご紹介します。 肩こりにお悩みの方必見です!!

スポンサーリンク

肩こりの原因について

肩こりの原因

肩こりの一番の原因は、血行の悪さです。長時間同じ姿勢を続ける、前かがみになる、姿勢が悪いなどの習慣を続けると一部の筋肉が酷使されダメージを受けます。

その筋肉は血行不良を引き起こし、細胞を酸欠状態にさせてしまいます。その結果細胞の活性化が悪くなり硬い緊張帯が発生するのです。この硬い緊張帯には、押すと痛みを感じる部分があります。これを【トリガーポイント】と呼んでいます。

トリガーポイントはどこらへん?

トリガーポイントの場所

肩こりと密接な関係がある【トリガーポイント】は、症状のでている箇所から離れたところにあり、例えば肩こりなら首から背中にかけて、肩甲骨の周辺にあります。

「肩が凝っているから肩を揉む」といった方法より、「トリガーポイント周辺をほぐす」「トリガーポイント周辺をストレッチする」という方が肩こり解消効果が高いのです。

テニスボールの肩こり解消のやり方は?

たけしのみんなの家庭の医学では、テニスボールを使った肩こり解消のやり方を紹介していました。使用するものはテニスボール1個だけです。

肩こり解消

*肩こり解消のやり方*
①仰向けの状態で横になります。

②テニスボールを肩や肩甲骨の近くに入れます。テニスボールを動かしているうちに、痛気持ち良い箇所が見つかるはずです。そこがトリガーポイントとなる箇所です。

③トリガーポイントにテニスボールを当て、体重をかけて ぐりぐりと押しましょう。次第に筋肉が揉みほぐれてきます。

④その後、全身の力を抜いて【30秒】ほど姿勢をキープします。

このやり方を1日に2~3回行うことで、肩こりが少しずつ解消していきます。空いた時間に簡単にできる「たけしの家庭の医学」の肩こり解消法で、重い症状を改善させましょう。

⇒ トリガーポイントのマッサージ【動画】


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加