冷え性改善の入浴法や効果的な食べ物について ※たけしの家庭の医学

冷え性改善

ABC朝日放送『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』で紹介された冷え性改善の入浴法は、「低い温度で長時間 入浴すること」です。日本人は熱いお風呂に入る習慣が昔からありますが、これは冷え性改善には逆効果になります。その理由は熱すぎるとかえって長く湯船につかれないほかに、体の芯まで温まらないためです。

低い温度で長時間の入浴をするのに半身浴がお勧めです。

スポンサーリンク

オススメの効果的な入浴法

冷え性改善

半身浴とは上半身は湯船につからず、冷えやすい下半身だけを集中的に温めることで、血流の流れをよくする効果があります。半身浴を一日に何度も行えば、さらに効果も上がります。

ほかの入浴法として【温冷浴】というものがあり、熱いお湯に半身浴でつかって出た後に、手や足に冷水をかけるという入浴法です。これを繰り返すと、血管が収縮したり拡張したりを繰り返し、血行促進の効果があります。

冷え性改善

また、【薬草浴】もお勧めで、湯冷めしにくい効果があります。「たけしの家庭の医学」では、以前 アロマの香りを使った健康法が紹介されていましたが、この薬草の香りにも落ち着く効果があってストレス解消に繋がります。薬草浴と低い温長での入浴をあわせて行うのも良いと思います。普段愛用している方もいると思いますが、入浴剤にも身体を温める効果はあるので、薬草浴と同じような効果があります。

冷え性に効果的な食べ物

冷え性改善

入浴法以外で冷え性改善に大切なのは、血液をサラサラで綺麗にする食べ物を摂ることです。

血液がドロドロになっていると血行が悪くなり、冷え性の理由になります。これを改善できる生野菜や果物は冷え性に効く重要な食べ物です。特に生野菜は色々な酵素をもっており、血液をサラサラにしてくれる食べ物です。加熱してしまうと生ではなくなり、ビタミンが破壊されてしまいますので注意が必要です。

「たけしの家庭の医学」の方法で、冷え性を改善してくださいね♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加